【Be the Change Workshops @ PCA】 | 【公式】NPO法人 PCV |Peace Culture Village
を支援する Donate in English

【Be the Change Workshops @ PCA】

【Be the Change Workshops @ PCA】

今学期、ピースカルチャーアカデミー(PCA)では、4部構成のワークショップを開催しました。このワークショップでは専門家と関わりながら平和構築の具体的なスキルを学ぶものであり、PCAのコンセプトである若者のピースリーダー育成にとって、とても貴重な企画となりました。

人道支援コンサルタントでシリア人強制移動民の Ziad Alahmad氏は、起業家精神についてお話しされる中で、なぜそれが平和構築にとって重要なのか、そしてそれを私たち自身の生活の中でどのように育むことができるのかについて話してくださいました。

中東・北アフリカで20年以上の経験を持つ外交のスペシャリストRay Matsumiya氏は、PCAのメンバーを対象に、利害関係のある国同士の交渉をどういう風に行うかという模擬のワークショップを指導してくださいました。

ミシガン大学グローバル・スカラーズ・プログラムのディレクターであるBenjamin Peters氏は、対話がいかに平和へのコミュニケーションの練習になりうるかを教えてくださり、またロールプレイを通じて対話の練習を手助けしてくださいました。

最後のセッションは、国連軍縮部のスタッフ4名がPCAメンバーと一緒に国際的なキャリア、社会的影響、若者のエンパワーメントなどをテーマに話し合った少人数のイベントとなりました。

広島や日本の次世代を担う若者たちに平和を創造するために必要なスキルを教えてくださった講師の皆さまに、心から感謝いたします。

This semester, Peace Culture Academy, PCV’s online school for youth peace leaders held a four-part workshop series to engage with professionals and learn the concrete skills of peace-making.

Humanitarian consultant and Syrian forced migrant Ziad Alahmad talked to our members about the spirit of entrepreneurship, why it is important to peace builders, and how we can foster it in our own lives.

A diplomacy specialist with over 20 years of experience in the Middle East and North Africa, Ray Matsumiya led PCA members through a high-stakes negotiation simulation activity.

University of Michigan dialogue expert Benjamin Peters explained how to use dialogue as a communicative practice of peace, guiding us through a role playing exercise where we practiced our own dialogue skills.

Finally, four staff members from the United Nations Office of Disarmament Affairs joined PCA members for small-group mentorship breakouts focused on international careers, social impact and youth empowerment.

We are so grateful to all of our inspirational speakers for teaching the next generation of youth leaders in Hiroshima and across Japan the skills they will need to create peace moving forward.

Translate »