OUR SERVICES | 【公式】NPO法人 PCV |Peace Culture Village
を支援する Donate in English

SERVICES

Peace×Education

Lectures & Webinars

講演&ウェビナー

PCVは、教育機関や企業、行政など多方面に向けて講義やウェビナーを展開しています。平和文化に関する様々なトピックを扱っています。これらのオフラインおよびオンライン学習プログラムは、PCVの創設者であり、広島平和文化センターの元理事長であるスティーブン・リーパーが主導しています。

内容:

①平和文化とはなにか:私達にできること

②核兵器廃絶:日本の役割

③平和とSDGs(サステナビリティ)

PCV offers lectures and webinars on several peace culture-related topics to schools, organizations, and other groups. These in-person and online learning opportunities are led by PCV’s founder and former chairman of the Hiroshima Peace Culture Foundation, Steven Leeper.

Topics:

(1) What is peace culture? How can we help?

(2) Nuclear abolition: Japan’s role

(3) Peace and the SDGs (sustainability)

スティーブン・リーパー Steven Leeper

1947年生まれ。アメリカ合衆国イリノイ州アバナ市出身。人生の約半分を日本ですごし、家庭カウンセラー、経営コンサルタント、翻訳家、平和活動家としてのキャリアをもつ。翻訳家としては世界中で数多くの被爆者証言の翻訳と編集をし、その通訳を行ってきた。2002年より平和市長会議ニューヨーク連絡員を経て、2007年から2013年まで広島平和記念資料館などの運営を行う公益財団法人 広島平和文化センターで理事長を務める。任期中には全米での原爆展も開催。2014年より甲奴町の古民家を拠点にピースカルチャービレッジを開始。アメリカと日本を行き来しながら、平和に関する講演を各地で行う。
著書:『ヒロシマ発 恒久平和論 Hiroshima Resolution 増補改訂版』(日英)、『日本が世界を救う――核をなくすベストシナリオ』(日)、『アメリカ人が伝えるヒロシマ』(日)

Born in Urbana, Illinois in 1947.
Steve has spent about half his life in Japan. Careers include family counselor, management consultant, translator, and peace activist. He has translated and interpreted hundreds of talks, articles and books by A-bomb survivors.
He began working as US representative for Mayors for Peace in 2002, which led to his appointment as chairman of the Hiroshima Peace Culture Foundation, which houses Hiroshima’s peace and international relations programs including the Peace Memorial Museum and the secretariat of Mayors for Peace.
In 2008 he led a program to hold 101 A-bomb exhibitions in the US.
In 2014, he moved to a farm in Kōnu-cho to begin building PCV. Living about half the year in Kōnu and half in Atlanta, Georgia, he writes and lectures on peace while working for PCV.
Books: Hiroshima Resolution (bilingual), Nihon ga sekai wo sukuu (Japanese), Americajin ga tsutaeru Hiroshima (Japanese)

  • 1986-2007: Transnet Ltd., Co-president
  • 1998-2002: Global Peace Maker’s Association, Co-director & Founder
  • 2002-2007: 平和首長会議、北米担当 Mayors for Peace, North America
  • 2003-2007: 広島平和文化センター、専門委員
  • 2007-2013: 広島平和文化センター、理事長 Hiroshima Peace Culture Foundation, Chairman
  • 2008: 全国日本学士会、受賞者、アカデミア賞 国際交流部門賞
  • 2009-2013: 焼津平和文化賞、審査委員
  • 2014-現在: 広島女学院大学、客員教授, Hiroshima Jogakuin University, Visiting Professor
  • 2014-現在: 長崎大学、客員教授, Nagasaki University, Visiting Professor
  • 2014-2015: ヴォーリズ学園, Head of International Communication
  • 2015-現在: 甲奴国際交流教会、Americus Exchange Facilitator
  • 2015-現在: PEAC Institute, Founding Partner & Vice President
  • 2017-現在: 特定非営利活動法人Peace Culture Village、設立者&代表理事, PCV, Founder and Chair of the Board
  • 2020-現在: President Elect of the E-Rotary Club of Hawaii, District 5000

PEACE PORTAL

オンラインツアー

いつでも、どこからでも、広島へ。ピースポータルへようこそ。

新型コロナウイルス(COVID-19)が蔓延し、社会的距離の確保が求められる今、複雑でグローバルな問題を解決するためには自ら情報を得て、学び、形にするための新たな方法を見つけることが重要です。広島の過去と現在の平和文化は、私たちがこの時代をどう生きていくかについて多くのことを教えてくれます。パソコンやスマートフォンからいつでもピースポータルにアクセスでき、お財布にも環境にも優しいコンテンツです。これらの学びがより多くの人々に届くことを期待しています。

ピースポータルは現在開発中です!来年から、国際パートナーと共同し、広島平和記念公園のバーチャルツアーを提供致します。

Access Hiroshima anytime, anywhere. Enter the Peace Portal.

As we isolate to prevent the spread of COVID19, it is critical that we find new and innovative ways to connect, learn, and collaborate to solve complex global problems. Hiroshima’s past experience and present peace culture has much to teach us about how we might do this. PCV aims to make these lessons accessible to all in the cheapest, greenest, and most convenient way possible: through computer or smartphone screens.

PCV’s PEACE PORTAL is officially in development! Over the next year, we will work with international partners to offer virtual tours of Hiroshima Peace Park to those who cannot physically visit.

Hiroshima AR

ニョーヨークに拠点を置くタイムルーパー社と共同開発した Hiroshima ARは、AR(拡張現実)技術を使った広島平和記念公園のセルフガイドツアーです。 PCVスタッフのナレーションと共に、被爆者の証言に耳を傾ける事ができます。

Developed in cooperation with Timelooper based in New York, Hiroshima AR is a self-guided tour of Hiroshima Peace Park in augmented reality. Hear excerpts of atomic bomb survivor testimonies as PCV staff narrate your experience.

Peace Park Tour Online

代表のスティーブン・リーパーとPCVのユースファシリテーターと共に、Google Earthを利用した平和記念公園のガイドツアーに参加しませんか。PCVのツアーは参加者からのアウトプットと参加者同士の関わりを重視しています。8月6日に広島で起こったことについての基本的な知識に加え、広島が経験したことから私たちは何を学び、どう生きていくのかを、ファシリテーターと一緒に考えましょう。

Join PCV founder Steven Leeper and PCV youth facilitators for a guided tour of Hiroshima Peace Park using Google Earth technology. Our tour focuses on output and engagement; in addition to conveying foundational information about what happened to Hiroshima on August 6th, our facilitators guide conversation on how we can apply the lessons of Hiroshima to our own lives.

PEACE DIALOGUE

修学旅行

修学旅行生のための平和育プログラム

PEACE 平和 DIALOGUE 対話
異なる背景を持つ人々が広島で出会い、平和について共に語り合う
修学旅行生が主体的に考え、発言するアクティブラーニングを取り入れた新しい平和学習です。

Peace Dialogue is a Hiroshima youth-led program for Japanese high school students focusing on independent thinking, cross-cultural understanding, and peace culture.

PEACE DIALOGUEの特色
①広島の平和活動に関わる若者との対話型プログラム
普段から広島で暮らし、平和活動に関わる若者(PCA)が平和学習をお手伝いします。教えるのではなく、互いに学び合い、協力して学びを深めていくプログラムです。

②相手にどう伝わるかを追求し、学生が主体的に取り組めるプログラム内容
AI(人工知能)やAR(拡張現実)技術などを駆使し、よりわかりやすい資料で被爆地ヒロシマの実相を伝え、様々な感覚を共有しながら主体性を引き出して行きます。

③インプットだけなくアウトプットを重視したプログラムの提供
PCAメンバーはファシリーテーションを学び、アウトプットを大切にしています。
事前学習や広島での体験を元に、インプットした知識をより深いものにし、平和を自分ごととして考える機会を提供します。

This PCV original program is designed for Japanese student groups who visit Hiroshima to dialogue with local youth activists, to learn about what happened on August 6th, 1945, and to form and present their own thoughts, feelings, and dreams.

#Dialogue with Hiroshima youth peace-makers
Peace Dialogue is facilitated by PCV Youth, young people who are studying peace education and working for peace in Hiroshima. Instead of “teaching peace” or providing answers, they create the environment for peace to emerge from each participating student. They learn from each other, cooperating to deepen understanding.

#Emphasis on output, not only input
PCV Youth study facilitation, value output, and create safe spaces for students to air their opinions. Output helps to deepen and personalize the peace-related lessons encountered prior to and during the Hiroshima experience.

Peace×Experience

PEACE PARK TOUR @ THE REST HOUSE

平和公園ツアー

平和記念公園内のレストハウスを拠点とし、主に日本人・外国人観光客に向けたピースパークツアーを毎日行います。

失われた旧中島地区
平和記念公園の中心部に位置する被爆建物「レストハウス」を起点に、かつて広島有数の繁華街だった旧中島地区の暮らしに焦点を当て、ヒロシマの歴史・人々の想いをご案内します。公園内を歩きながら広島の持つ場の力を感じ「平和」を通して「自分」に目を向け、今ある”当たり前の日常”を実感するツアーです。

Daily PCV staff-led, in-person tours of Hiroshima Peace Park

Beginning at the Rest House, an a-bombed building in the center of the Peace Park, our tour will focus on Hiroshima’s history and the experiences of local people. As we walk through the park, formerly the bustling hub of Nakajima, we will learn about the atomic bombing, connect with the lost culture and community of Nakajima, and reflect on the meaning of peace in our own lives.

特色

  • 広島で平和活動を行ってきた日本人とアメリカ人の若いバイリンガルチームによる運営
  • ガイドは、CG画像やAI技術と当事者の記憶を基に作られた「記憶の解凍」など、さまざまなテクノロジーを用いることで、平和学習をより身近に感じられるよう工夫しています
  • ツアーに参加して頂いたみなさんには、被爆者の方々とともに作り上げたメッセージボード「希望の川」に、ツアーで感じたことを書いたポストイットを貼って頂きます
  • アウトプットセッション(振り返り)の時間を設けており、ファシリテーションのトレーニングを受けたガイドが司会進行をつとめ、参加者は体験を振り返り、消化する時間がある
  • 毎日運営を行っているので、広島にいつ訪れても体験する事ができる
  • PCV代表、元平和文化センター理事長のスティーブン・リーパー監修

Features

  • Tours conducted by a team of trained, bilingual Japanese and American youth working for peace in Hiroshima
  • Guides use CG images, “Rebooting Memories” AI colorized photos, and other technologies to bring peace study materials to life
  • Participants add a post-it based on their tour experience to the River of Hope, an artistic collaboration created together with atomic bomb survivors
  • Participants reflect on and digest their experiences in facilitated output sessions
  • Programs are conducted every day, so anyone visiting Hiroshima on any day can participate
  • Guides study under Steve Leeper, former chair of the Hiroshima Peace Culture Foundation

Custom Programs

カスタムプログラム

共に創り上げる体験

毎年、行政や企業、NGO、教育機関などから数多くの団体が広島を訪れていることからも分かるように、広島には平和文化を学ぶための様々な方法があります。参加者のニーズと目的に基づいて、それぞれに合ったプログラムをデザインし、参加者同士の対話がより活発になるよう進めていきます。PCVは、すべての人々が広島中を堪能できるようにすることを目指しています。

カスタムプログラムのテーマ例:平和文化、平和活動、異文化コミュニケーション、紛争解決、持続可能な生活、瞑想と内なる平和、チームビルディング、戦争と平和、長期的国際交流など。

EXPERIENCES we create together

Hundreds of groups sent by governments, corporations, NGOs and schools visit Hiroshima each year, and there are hundreds of ways to study peace culture in this prefecture. We design and facilitate custom experiences based on the needs and objectives of our partnering organizations or groups. Our goal is to make all of Hiroshima Prefecture enjoyably accessible to all.

Our customized programs explore peace culture, peace activism, intercultural communication, conflict resolution, sustainable living, meditation & inner peace, team-building, war and peace, long-term international exchange, and more!

概要

参加者のみなさまには、広島の人々や場所、活動を通して、持続可能で平和な世界を築くという広島の生き方を感じて頂きます。広島平和記念資料館や平和記念公園、被爆者証言、多岐に渡る分野の専門家による講義など、主に広島市内でのプログラムをご用意しています。また、都会の賑やかさから離れて、自然に囲まれながら学びを深める機会もあります。PCVが運営する三次市のピースカルチャービレッジで平和文化を一緒に体験しましょう。

広島中の人々との深い繋がりを活かし、PCVは独自の平和文化体験を提供しています。
例えば:

  • 被爆者、政府高官、核廃絶の専門家、活動家、広島で活躍する若い平和活動家たちとの出会い(広島市内)
  • マインドフルネス、スピリチュアリティ、歴史文化(尾道市)
  • VR(仮想現実)、IT、国際交流(福山市)
  • 「教育」をキーワードとしたまちづくり(大崎上島)
  • 自然体験、コミュニティビルディングワークショップ(湯来町)
  • 国際交流、伝統的なお祭り、持続可能な農業、日本文化、地域活性(甲奴町)

体験できるアクティビティの詳細をお求めの際は、コンタクトフォームからご連絡ください。

過去にカスタムプログラムを共催したパートナーはこちら

WHAT TO EXPECT

We introduce our participants to people, places, and activities inspired by Hiroshima’s determination to build a sustainable, peaceful world. We usually start in the city with Hiroshima Peace Museum, Peace Park, a-bomb survivor testimonies and lectures by experts in a variety of relevant fields. After the intensity of the city, we often retreat to the countryside, to process what we’ve learned while surrounded by nature and to experience aspects of peace culture where rural societies excel.

PCV has deep roots all over Hiroshima prefecture, where we collaborate with partners and friends to offer unique and immersive peace culture experiences.
For example:

  • Meetings with bomb survivors, top government officials, nuclear weapons experts, activists, and young peace makers in Hiroshima City
  • Mindfulness, spirituality, and ancient culture in the coastal town of Onomichi
  • VR, IT, and student exchange in Fukuyama, a town that rebelled against the shogunate long ago
  • Progressive education on the friendly island of Osakikamijima
  • Adventures in nature and community building in the mountains of Yuki-cho
  • International exchange, traditional festivals, sustainable agriculture, Japanese culture, and countryside revitalization in Konu-gun

For a full list of activities, please contact us using our Contact Form.

Click here for a list of partners who have collaborated with us on custom programs in the past.

The Farm

村づくり

PCVファームへようこそ

核兵器廃絶は平和文化にとって不可欠ですが、自然とともに持続可能な生活を送ることもとても重要です。PCVは、原爆投下から学んだことをさらに掘り下げ、広島の平和文化の概念を内なる平和、他者との平和、そして自然との平和に目を向けることへと深めていきます。

地元のパートナーと協力して、甲奴町(三次市)で農場と多文化コミュニティを開発・運営しています。目標は、低排出・低エネルギーで、廃棄物が少なく、生産性の高い、持続可能なライフスタイルの実現です。

Welcome to the PCV Farm

Nuclear weapons abolition is integral to peace culture, but so is living sustainably with our natural surroundings. PCV is expanding the concept of Hiroshima peace culture beyond the lessons we learn from the atomic bombing to the lessons of the countryside: peace within, peace with others, and peace with nature.

We are collaborating with local partners to develop an experimental farm and multi-cultural community in rural Konu (Hiroshima prefecture). The goal is a low-emission, low-energy, low-waste, high-productivity, sustainable lifestyle.

ジミー・カーター元米大統領のおかげもあり(話せば長くなります)、甲奴町は、国際交流、持続可能な農業、コミュニティビルディングを長年推進してきた先駆的な農家や起業家が多くいます。お互いの強みを活かしながら、平和文化コミュニティの美しく、楽しく、そしてどこでも実践可能なモデルを構築し続けます。

短期の個人での受け入れはまだ行っておりませんが、PCVと甲奴町では、団体様向けの様々なカスタムプログラムを体験できます。
例)現代の日本の農業や伝統芸術についてのワークショップ、地元のお祭りへの参加、山での星空観察、ジミーカーターシビックセンターでのガイド、田植えや稲刈り、ブルーベリー狩り。

Thanks in part to President Jimmy Carter (long story), the little town of Konu is full of forward-thinking farmers and entrepreneurs, who have long been promoting international exchange, sustainable agriculture, and community building. We plan to combine our strengths to continue to build a beautiful, enjoyable, exportable, and scalable model of a peace culture community.

We are not yet accepting short-term, individual visitors but PCV and Konu can already offer groups a full array of rural experiences through our custom programs, from studying modern Japanese agriculture to participating in local festivals, stargazing on the mountains, visiting the Jimmy Carter Civic Center, planting or harvesting rice, picking blueberries, and studying traditional Japanese art forms.

Translate »