ABOUT US | 【公式】NPO法人 PCV |Peace Culture Village
を支援するSupport Us

ABOUT US

PCVは、一人一人にとって平和な世界を構築するための役割、ビジョンを磨くための機会・場所作りを行っています。私たちのプログラムで大切にしていることは、自由な探求と個々人の気づき、そして私たち一人ひとりから生まれ出てくる平和文化です。人々の新たな視点とそれぞれの「平和のピース」が平和文化をより良いものへと育み、世界にその輪を広げていきます。

われわれ自身、コミュニティ、将来世代にとっての未来は、自分の役割を知り、行動指針を定め、一致協力してさらにビジョンを高め、掲げることから切り拓かれるでしょう。

誰もが役割を持っています。あなたの「平和のピース」をはめて、パズルを完成させましょう。

Here at PCV, we facilitate encounters and create spaces for people to hone their own visions of a peaceful world. Our educational and experiential programs promote open exploration and personal discovery, creating opportunities for peace culture to emerge from each one of us. The definition and impact of peace culture evolves with each new perspective, each new “peace” added to the puzzle.

The future we want for ourselves, our communities, and our descendants starts with discovering our personal roles, deciding to act, and working with others to refine and manifest our collective vision.

We all have a role to play. We hope you’ll bring us your “peace” of the puzzle.

平和文化

PEACE CULTURE

こんにちは。PCV代表のスティーブン・リーパーです。

広島から発信する平和文化について、一緒に考えてみませんか?

アルベルト・アインシュタインはこのような言葉を残しています。
「第三次世界大戦がどのように行われるかは私にはわからない。だが、第四次世界大戦が起こるとすれば、その時に人類が用いる武器は石とこん棒だろう」。

広島で被爆した森滝市郎先生は、病床で回復を待ちながらこの新型の兵器のもつ意味に対する深甚なる洞察を見極めるにいたりました。
「人間はもはや破壊的な力の争いによって紛争を解決することはできない」。
つまり、私たちは他者に対する暴力や戦争から脱却する必要があるということです。
どうすれば互いに傷つけ合うことをやめ、人類共通の課題解決に向けて動き出すことができるでしょうか?
「平和文化」を実践することは、以下の3つの質問の答えを模索する努力です。
1「核の脅威と環境破壊を視野にいれ、どうすれば、人類は殺し合いをやめ、地球規模の問題解決に取り組むことができるのか?」
2「どうすれば、核兵器の脅威を終わらせることができるのか?」
3「地球の居住環境を守り、本来の機能を取り戻すために、私たちが変えるべきこととは?」
「平和」には様々な定義がありますが、私が好んで使う言葉は、
「平和とは社会が健全であること」です。
私たちの体は30から40兆の細胞でできています。十分な栄養ときれいな水、そして良好な衛生環境の下、これらすべての細胞が、しかるべき機能を発揮していることが健康であるということであり、
すべての人々に、幸せで、健康的な生活を送るために必要なものが行きわたっていることが「平和な社会」であるといえます。
しかし、現代の戦争文化社会は、自分自身や家族、企業、国家や特定のグループを豊かにするための「競争行為」で成り立っています。
特定の人々にもたらされた栄華が、疎外された人々や、ひいては地球規模で、どのような悪影響をもたらしているのかに思いいたることなく。
平和文化は、地球全体と、動植物を含む地上の生きとし生けるものの健康を回復しようとする意志から始まります。平和文化の社会が目指すものは、持続可能な地球全体のあまねくウェルビーイング(幸福)です。
私たちは、広島を拠点に、みなさんが、平和な世界を再構築するために演じることのできる役割など、平和な世界に対する独自のビジョンを磨くための機会・場所作りを行っていきます。そこが、平和文化の出発点となります。いずれは、われわれ自身、コミュニティ、将来世代で行動指針を定め、一致協力してさらにビジョンを高め、掲げ、行動していきたいと思っています。

誰かが平和を創ってくれるのではありません。われわれ自身が行動しなければならず、しかるべき役割もあります。みなさんのご協力をお願いします。

スティーブン・リーパー

As survivor Ichiro Moritaki said after witnessing the atomic bombing of Hiroshima, “Human beings can no longer resolve conflict through contests of destructive power.” In other words, we have to give up war and violence, directed both towards others and the environment. How can we stop killing each other and start solving our shared, urgent, existential global problems? What can we do to end the threat of nuclear weapons? How must we change to keep our planet livable and, eventually, restore it to health? “Peace culture” is an effort to answer all three of these questions.

“Peace” has countless definitions, but my favorite is: peace is social health. Your body is made up of trillions of cells. When all those cells are getting sufficient nutrition, clean water, and sanitation services in an environment that allows them to perform their proper functions, we call that health. Societies are “peaceful” to the extent that all their members have what they need to live happy, healthy lives.

Our current war culture is structured by the competitive effort to make oneself or one’s family, company, country or some other subgroup happy and healthy. This sometimes comes at the expense of the health and happiness of those across the tracks and the Earth as a whole. Peace culture starts with the intention to restore our entire planet and everyone on it (including our plant and animal neighbors) to good health. The goal for a peace-culture society is sustainable universal wellbeing.

To pursue peace within ourselves and within our relationships, we need to get beyond the habitual or conditioned responses we have been taught. We need to get beyond flight or fight. We need to get beyond competition. We need to get beyond dishonesty and superficiality. We need to relate to one another openly, honestly, intimately and intensely in the pursuit of universal wellbeing. In short, building peace culture involves inner and collective transformation.

Here at PCV, we facilitate encounters and create spaces for this transformation to take place, for people to hone their own visions of a peaceful world. The future we want for ourselves, our communities, and our descendants starts with discovering our personal roles, deciding to act, then working with others to refine and manifest our collective vision.

No great hero will create peace for us. We have to do it ourselves, and we all have a role to play. We hope you’ll bring us your “peace” of the puzzle.

Steve Leeper

広島

HIROSHIMA

はじめまして。PCVの専務理事の住岡健太です。
僕は広島にて被爆三世として生まれ、幼少期から祖母の原爆体験を聞き育ちました

僕の故郷 広島は1945年8月6日、世界で初めて使われた原子爆弾によって焼け野原となりました。

1945年末までに14万人が亡くなったとされ、今なお被爆の後障害によって苦しんでいる方もいます。
深い悲しみや絶望、極貧にも負けず広島市民は復興への歩みをすすめましたが、原爆投下前の人口に戻るまで10年もの歳月がかかりました。
復興の過程でヒロシマは二度と悲劇を繰り返さないための世界的な平和の象徴となりました。
 
広島は”原爆の恐ろしさや不公平” ”平和への希望、許し”を教えてくれます。
 
僕は、広島で育つ中で自然と「平和とは何か?」が人生のテーマとなり、その答えを希求し世界を巡りました。
その体験から教えてもらった事は
「大切な事は誰かの平和の答えを聞く事ではなく、自分にとって平和とは何を考える事」だということです。
なのでPCVは平和の答えを提供するのではなく、広島の歴史・想いから学び、一人一人が自分を知る機会を提供しています。
平和と聞くと大きすぎて自分とは関係ないと思ってしまう人も多いかもしれません。
しかしそうでしょうか?
自分の心の平和、周りの友人や家族との平和こそ大切ではないですか?
「みんなが幸せだったらいいな」
僕は、そんな優しい気持ちを持つ人が1人で孤独に生きていくのではなく、仲間と協力して生きていけるようにこの活動を行っています。
僕や両親や祖父祖母が生まれ育った大好きな広島が世界にとって必要な役割を担えるよう
広島にて仲間と共にみなさんをお待ちしています。

住岡健太

Hello. I’m Kenta Sumioka, vice-chair of PCV.

I’m a third-generation atomic bomb survivor. I grew up listening to my grandmother tell about what happened to her in the bombing.

On August 6, 1945, the first atomic bombing in history turned my hometown into scorched earth. By the end of the year, the bomb had taken 140,000 lives. Even today, survivors suffer aftereffects. Overcoming grief, despair, and extreme poverty, the people set about rebuilding their lives; it took ten years for the population to recover to its pre-bomb level. During the process of recovery, determined to prevent a recurrence of such untold devastation anywhere, Hiroshima recreated itself as an international symbol of peace.

Along with the horror and injustice of nuclear weapons, Hiroshima teaches hope for peace and forgiveness.

Growing up in Hiroshima, I was absorbed in thoughts and questions about nature and the meaning of peace. I traveled around the world seeking answers. Those travels taught me that answers to queries about peace come not from others but from searching oneself. In the same way, PCV cannot provide answers about the nature of peace; rather, we provide opportunities to learn about Hiroshima’s history and spirit, leading, we hope, to learning about ourselves.

Many people think peace is some lofty concept that has little to do with them. But is that really true? Don’t we need peace in our hearts, with our friends, with our families?

Wouldn’t it be great if everyone could be happy? I do this work so that people who ask this question can more easily find friends to work and live with. I, my parents, and my grandparents grew up in and love Hiroshima. I want it to play the role the world asks of it. My friends and I are waiting for your visit.

Kenta Sumioka

団体概要

Organizational Summary

代表理事

スティーブン・リーパー


住所

〒729-4111 広島県三次市甲奴町福田26番地


事業

平和教育、平和観光、持続可能な国際コミュニティ事業


創設

2014年2月(2017年3月15日法人設立)


役員

スティーブン・リーパー 代表理事
住岡健太 専務理事
エリザベス・ボールドウィン 理事
森俊英 理事
西嶋民子 理事
黒瀬 真一郎 理事
島村 眞知子 監事


Chairman

Steve Leeper


Address

〒729-4111 26 Fukuda, Konu-cho, Mihoshi City, Hiroshima Prefecture 729-4111 Japan


Business activities

peace education, peace tourism, activities required to build a sustainable international community


Founded

February 2014 (incorporated March 15, 2017)


Officers

Steve Leeper: Chair
Kenta Sumioka: Vice-chair
Elizabeth Baldwin: Board member
Toshihide Mori: Board member
Tamiko Nishijima: Board member
Shinichiro Kurose: Board Member
Machiko Shimamura: Auditor


主な実績

講演実績Past Lectures

  • 長崎大学
  • 広島女学院大学
  • 広島県立広島国泰寺高校
  • 広島県立広島観音高校
  • 埼玉県立川越高等学校
  • 啓明学院高等学校
  • 横浜英和学院
  • 生活協同組合
  • 株式会社JTB
  • Middlebury Institute of International Studies

カスタムプログラム実績Past Custom Programs

  • Swarthmore College
  • 広島女学院大学
  • 広島YMCA
  • International Friendship Society
  • University of the Middle East Project
  • Phillips Exeter Academy
  • Moravian College
  • 甲奴国際交流教会
  • Hiroshima International School
  • Thornton-Donovan School

Translate »