【オンライン平和学習@メリーランド, ボルティモア大学】English below | 【公式】NPO法人 PCV |Peace Culture Village
を支援する Donate in English

【オンライン平和学習@メリーランド, ボルティモア大学】English below

【オンライン平和学習@メリーランド, ボルティモア大学】English below

先週、PCV共同創設者のメアリーは、平和文化とその構築についてメリーランド, ボルティモア大学の学生と対話しました。

学生たちは最近、原爆被爆者であり世界的に有名なアクティビストの一人であるサーロー節子さんの生涯を描いたドキュメンタリー『ヒロシマへの誓い』を観たそうです。

彼らは海外で平和について活動するキャリアやPCVのこれまでの具体的な成果、そして日本の若者の間での地球規模の問題に対する意識についてとても興味を持っていました。

サーロー節子さんのような被爆者から刺激を受けた学生たちは、それぞれの情熱と才能を使って平和文化を作る方法について考えました。

養蜂家をしているという参加者は、ミツバチの自然な行動から学びながら平和的なメッセージを広めたいと考えたほか、アニメーションを使用して問題意識と批判的思考を高める方法について話してくれたアニメーターもいました。

メリーランド, ボルティモア大学の学生、先生方、スタッフの皆さん、素晴らしいイベントをありがとうございました!

Last week, PCV cofounder Mary had the privilege of dialoguing with students from University of Maryland, Baltimore County about building a peace culture.

The students had recently watched The Vow from Hiroshima, a documentary about the life of atomic bomb survivor and world-renowned activist Setsuko Thurlow.

They were curious about peace careers abroad, the concrete outcomes of PCV’s work, and awareness of global issues among Japanese young people.

Inspired by hibakusha like Setsuko Thurlow, the students thought about how they could use their unique passions and talents to create a peace culture.

One participant, a bee-keeper, wanted to spread a peaceful message while learning from the natural behaviors of bees, while another, an animator, talked about how animation could be used to raise awareness and critical thinking.

Thank you so much to the students, professors, and staff at University of Maryland, Baltimore County for the energizing event! @hoogenboomtomoko

Translate »