【JICA沖縄・九州 教師国内研修オンラインセミナー】 | 【公式】NPO法人 PCV |Peace Culture Village
を支援する Donate in English

【JICA沖縄・九州 教師国内研修オンラインセミナー】

【JICA沖縄・九州 教師国内研修オンラインセミナー】
 
PCVメンバーのMary、もも、れんたは、宮崎、熊本、沖縄の小・中・高等学校の先生方を対象に、オンラインで広島セミナーを開催しました。
 
先生方の目的は、生徒と一緒に平和構築について学ぶためのヒントを集め、独自のプログラムを作ることです。
 
まず、PCVのメンバーが、PCVが行っている若者主導の平和活動、学生との平和に関する対話を促進するための取り組み、広島平和記念公園のライブストリーミングによるバーチャルツアーなどを紹介しました。
 
続いて行われた議論では、広島の被爆者や沖縄の生存者など、第二次世界大戦の生存者が残した遺産を、教育を通じてどのように後世に伝えていくかという点に焦点が当てられました。
 
そして、先生方が特に興味を示されたのは、どうすれば若者が平和活動に興味を持つことができるかについてでした。ももの回答はこちらです。
 
私たちは、スーパースターでもなければ偉い政治家でもありません。ごく一般の学生でも、少し行動することで平和文化は生まれるんだということを伝えていくことが大切だと思います。”平和活動”と聞くと、自分とは違う人がやっていることだとか、頭の良い人しかできないという印象をもつ人も多いかもしれません。でも、そんなことはないです。私だってアニメを観たりゲームをしたりします。本当に普通の人なんです。”平和活動”という言葉に対しての先入観やハードルを私たちの認識の中から変えていくことが必要だなと感じます。
 
私たちに刺激を与えてくれた先生方、JICA、JOCA、NPO九州スタッフの方、そして紹介してくれた @nao_nne さん、本当にありがとうございました。皆さんが開発する独創的なプログラムを楽しみにしています。

PCV members Mary, @1030.ninon and @tarentyan0927 held an online Hiroshima seminar for elementary, middle and high school teachers from Miyazaki, Kumamoto and Okinawa.

The teachers’ aim was to gather inspiration about how to learn about peace building with their students, with the goal of creating their own peace curriculum.

First, PCV members presented PCV’s youth-led peace activities, strategies we use to promote dialogue about peace with students, and a live-streamed virtual tour of Hiroshima Peace Park.

The discussion and reflection that followed focused on how we can pass on the legacy of WWII survivors, whether the hibakusha of Hiroshima or the survivors of Okinawa, to future generations through education.

Thank you so much to the JOCA teachers for inspiring us all, and thank you to Nao for the referral. We look forward to seeing the creative curricula that you develop!

Translate »