2020年も残すところわずかとなりましたが、今年はお世話になりました。 | 【公式】NPO法人 PCV |Peace Culture Village
を支援する Donate in English

2020年も残すところわずかとなりましたが、今年はお世話になりました。

2020年も残すところわずかとなりましたが、今年はお世話になりました。
 
 
PCVは7月から本格的に始動し、様々なプロジェクトを行いました。

お世話になった方々へPCVの一年のご報告をさせて頂きたいと思います。
 
 
【7月 PEACE PARK TOUR@REST HOUSE 始動】
 
平和記念公園内の被爆建物レストハウスを拠点に行われるツアー。PCVメンバーがガイドを行います。

コロナ禍で観光客が訪れない中で、助成金にて活動していない私達は赤字が続いておりますが、平和公園に訪れた人々が「広島の歴史を自分ごとに」するために継続して行っていきたいと思います。

数年、数十年続ける事に意味のある事業だと考えており、広島の継承者不足の課題を解決する一手となれるよう取り組んでいきたいです。
 
機会を与えてくださった ひろでん中国新聞旅行さんありがとうございます😊

PEACE PARK TOUR@REST HOUSE PV

  
 

【8月 PEACE PORTAL クラウドファンディング】
 
ピースポータルはコロナ禍の分断が起こる中でオンライン、テクノロジーを活用し世界中に「平和を考えるキッカケ」を提供し繋がるプロジェクトです。
  
クラウドファンディングは、多くの方のご支援のおかげで314万円の104%達成する事が出来ました。心より感謝を申し上げます。
   

この半年で10カ国へプログラムを届ける事ができ、来年度はさらに世界中の人々と繋がり、平和を共に目指す仲間作りを行っていきます!
  

平和公園をARで巡るアプリも日本語化も進めており、新たに被爆証言をアプリ内にアーカイブしていくプロジェクトも進めています。
 
PEACE PORTAL PV

  

【9.10.11.12月 PEACE DIALOGUE〜新たな平和共育の提案〜】
 
広島で平和活動を行う10代20代の若者が修学旅行で訪れる生徒達と対話(ダイアログ)を通して平和を主体的に考えるキッカケを提供するプログラムです。
  
このプロジェクトを通して平和活動を行う若者のコミュニティ「ピースバディ」が誕生しました。
 
平和文化の生き方を希求している
広島、大阪、千葉、東京、愛媛の日本人と外国人4人のメンバーは50人となりました。
 
「ピースバディ 門澤里香さんの感想」 
  
ピースダイアログという活動に出会えた事、参加できた事に本当に感謝だなと思いました。
一緒にピースバディをやった人たちは、全員初対面だったけど、同じ想いを持った人が広島を超えてこんなにもいるんだっていうのを初めて実感できました。
それぞれが温かい想いを持ってて、それを込めた活動をしていて、そんな人達に囲まれてガイドできたことが、本当に幸せでした。
そして、中学からここまで続けてきたヒロシマの活動でお給料をもらったのは初めてでした。とっても嬉しくて当分は使えそうにないです笑
  
 
ピースバディは、今年は一般への公募は行いませんでしたが、来年度は公募し、共に学んでいく学校(PCA)を設立予定ですので興味がある事は要チェックです!
 
そして、ピースダイアログを共に作り上げてくれているJTBの皆さんには心から感謝しています。
 
平和文化祭 
https://www.facebook.com/100001766634760/posts/3472541059481414/?

   
 

【総括】
 
様々な挑戦をし、7月からの半年間でPCVプログラムを受けてくれた方はコロナ禍にも関わらず、3000名を超えました!!
 
支えてくださった方、応援してくださった方に心より感謝を申し上げます。ありがとうございました!!
  
 
私達PCVの想いは一つ
「平和文化」を希求し生きる人々と、よりよい世界を作ることです。
 
コロナ禍で多くの人達が辛い想いをしていると思います。
私たち人類は、どんな未来を選ぶか試されているのかもしれません。

・平和文化(みんなの幸せ)に生きること
・戦争文化(自分だけの幸せ)に生きること
 
2021年も平和文化に生きる皆さんとよりよい世界を作っていけたらと思います。
  

今年はお世話になりました。感謝
  
   

             PCVメンバー 一同より

Translate »