【平和学習@東京外国語大学】English below | 【公式】NPO法人 PCV |Peace Culture Village
を支援する Donate in English

【平和学習@東京外国語大学】English below

【平和学習@東京外国語大学】English below

東京外国語大学が主催した日本、ザンビア、ルワンダの学生30名を対象に、PCVのバイリンガルファシリテーターチームが被爆者との交流プログラムを主催しました。

被爆者の堀江壮さんは英語で被爆証言をしてくださり、その後は学生たちとの質疑応答も行いました。「若者として世界の平和のために何ができるか」という質問に壮さんは、「軍産複合体に貢献するような産業で働くのではなく、人類の普遍的な幸福を創造するようなものに情熱を注いでほしい」と伝えてくれました。

また、「何が壮さんを勇気づけたのか」という質問には、「小学校の先生や英語の先生からの後押しがきっかけで、世界中の人たちに証言をするようになった」と話していました。

その後のグループディスカッションでは、現在または過去の自分の国での問題や課題を踏まえて、平和のためのきっかけ作りをしたいという声を聞くことができました。中には、世界の現状に不安や絶望を感じながらも、壮さんのお話や広島の復興に感化された生徒もいました。

TUFSの皆さん、今回も素晴らしいプログラムをありがとうございました!

A team of PCV bilingual facilitators hosted an encounter with a hibakusha for 30 Tokyo University of Foreign Studies affiliated-students studying in Japan, Zambia, and Rwanda.

Hibakusha Soh Horie kindly gave his testimony in English and engaged in a question and answer session with the students. When students asked what young people could do to create peace in the world, Soh-san answered that he hopes youth will not work in industries that contribute to the military industrial complex, but will instead create things that will create universal well being for humanity. When students asked what gave him the courage to tell his story, he said that encouragement from his elementary school teacher and English teacher eventually convinced him to begin speaking to people from around the world.

In the small group discussions that followed, students passionately voiced their desire to be agents for peace in light of current or past violence in their own countries. Some of them felt quite worried and hopeless about the state of the world but were inspired by Soh-san’s resilience and Hiroshima’s recovery. 

Thank you TUFS for another fantastic program! And thank you to our facilitators! @moesasaki @makufirippusu @sagepanter @setomayu_uta @hana.travin

Translate »