【Peace Culture Academy: 第2回目のPEACE PORTALワークショップ】English below | 【公式】NPO法人 PCV |Peace Culture Village
を支援する Donate in English

【Peace Culture Academy: 第2回目のPEACE PORTALワークショップ】English below

【Peace Culture Academy: 第2回目のPEACE PORTALワークショップ】English below

平和文化リーダーのためのオンラインスクール、PCA (Peace Culture Academy) は、「平和を実践するコミュニケーション」であるダイアログをテーマに第2回PEACE PORTALを開催しました。PCAメンバーら25人が計4カ国から参加しました。

異文化ファシリテーションの専門家であり、ミシガン大学グローバル奨学生プログラムのディレクターであるベンジー・ピーターズさんは、彼自身のこれまでの人生と平和文化のリーダーにとってのダイアログの重要性について話してくださいました。ベンジーさんは、ダイアログを行う時、まず相手の話を聞き、相手から学ぶこと、そしてそれをもとに考え、誠意を持って応えることで、私たちが目指している平和な世界に相手を迎え入れることができる、と説明しました。その後、私たちにダイアログの具体的なスキルも教えてくださいました。

ディスカッションの時間は、世代間のダイアログの仕方、ダイアログにおける沈黙の役割、共感生む方法、苦手な相手とのコミニケーションなど、多岐にわたるテーマで皆さんとお話しすることができ、大いに盛り上がりました。

私たちPCVそしてPCAメンバー一同、今回学んだことを実生活に活かしていきたいと思います?ベンジーさん、素晴らしいワークショップをありがとうございました!

Peace Culture Academy, PCV’s online school for peace culture leaders, held its second PEACE PORTAL workshop on the theme of dialogue as a “communicative practice of peace.” 25 PCA members and affiliates from four countries participated.

Intercultural facilitation expert and director of the University of Michigan Global Scholars Program, Dr. Benjamin Peters, discussed the importance of dialogue in his own life and for peace culture leaders. He explained that, when we engage in dialogue, we invite our conversation partner into the peaceful world we know is possible through listening, learning, validation, and authenticity. He then taught us concrete skills in dialogue.

Discussion ranged from intergenerational dialogue to the role of silence and dialogue, from empathy building to the challenges of dialoguing with unwilling conversation partners.

Thank you so much Benjie for an impactful workshop! We at PCV and PCA are so excited to put what we learned to good use.

Translate »