【2021「戦争も核兵器もない平和な世界を」市民の集い】English below | 【公式】NPO法人 PCV |Peace Culture Village
を支援する Donate in English

【2021「戦争も核兵器もない平和な世界を」市民の集い】English below

【2021「戦争も核兵器もない平和な世界を」市民の集い】English below

先週の水曜日、PCVの共同創業者のメアリーは、全国の地方自治体職員など100人以上がオンライン参加したイベントで、PCVの活動についてお話ししました。湯崎英彦広島県知事や広島平和文化センターの小泉崇理事長、広島県原爆被害者団体協議会の佐久間邦彦氏、箕牧智之氏が登壇したこのイベントは、生協広島や広島YMCAなどの後援のもと開催されました。

メアリーと小泉理事長は、どちらも平和文化を掲げる2つの組織の代表として、広島と平和における平和文化という概念の大切さについて語りました。佐久間氏と箕牧氏は、「今後も平和活動を盛り上げていってください」とPCVに激励の言葉を下さいました。

このような場でお話しすることができて光栄です。ご招待いただいた皆様、ありがとうございました!

On Wednesday, PCV cofounder Mary spoke about PCVs work at an event attended online by over 100 people, including many Japanese municipal government officials. Other speakers included Hiroshima Governor Hidehiko Yuzaki, Chairman of the Hiroshima Peace Culture Foundation Takashi Koizumi, and Kunihiko Sakuma and Toshiyuki Minami of the Japan Confederation of A- and H- Bomb Sufferers Organization. The event was sponsored by organizations like Seikyo Hiroshima and the Hiroshima YMCA.

As representatives of two organizations with “peace culture” in the title, both Mary and Chairman Koizumi spoke about the crucial importance of the concept of peace culture in Hiroshima in the world. Mr. Sakuma and Mr. Mimaki encouraged PCV to continue increasing momentum and energy towards a thriving peace movement.

Thank you to all sponsoring organizations for inviting us to speak!

Translate »