【オンライン平和学習】English below | 【公式】NPO法人 PCV |Peace Culture Village
を支援する Donate in English

【オンライン平和学習】English below

【オンライン平和学習】English below

PCVは、東京外国語大学(TUFS)の平和構築・紛争予防専修コースをしている大学院生を対象としたオンライン広島体験を主催しました。

参加者は、アジア、アフリカ、中東を含め計11カ国と多様なバックグラウンドを持つメンバーが参加しました。

Google Earthを用いながら、被爆者堀江壮さんの体験について話を伺い、参加者は壮さんに聞きたい質問について考えました。

いくつか出てきた話や質問を紹介します。

・中国、インド、パキスタンの三つの核保有国に挟まれているネパール出身の女性は、自分たちが住んでいる場所にとって、核兵器は非常に現実的で現在の脅威であると話ました。

・ブルンジ出身の男性は、原爆投下後の一番辛かった時期、どうやって前に進むことができたのか壮さんに尋ねました。

・シリア出身の男性は、壮さんの証言を聞くことで刺激を受け、今まで辛くて話すことがなかったトラウマになっている経験を話すことで、誰かの力になることができると言い、少しずつ話せるようになりたいと言っていました。

最高の参加者たちとディスカッションの時間を過ごすことで、グループでの時間も本当にいいものになり、最後は復興力やどうやって辛い時間と向き合っていくのか話を行いました。

今回PCVメンバーは東京外国語大学TUFSの学生とチームになり、グループのファシリテーターを行っていきました。

この素晴らしいプログラムをきっかけに、今後も広島で活動する若者と共にヒロシマと被爆者のメッセージをオンラインを通して世界中の人々に届けていきたいと思います。

PCV was thrilled to host an online Hiroshima learning experience for 20 graduate students studying Peace and Conflict Studies at Tokyo University of Foreign Studies. The participants hailed from 11 different countries in Asia Africa and the Middle East.

Atomic bomb survivor Soh Horie gave the students his testimony, accompanied by a Google earth presentation. The students were eager to discuss and ask questions.
・A woman from Nepal, a country sandwiched between the three nuclear states of China, India and Pakistan, shared that for her community, nuclear weapons are very real and present threat.
・A man from Burundi asked Soh-san about how he kept going during his toughest times after the atomic bombing.
・A man from Syria said that, after hearing Soh-san’s testimony, he felt inspired to share his own story of trauma, in the hopes of helping others.

The conversation was charged with meaning, a rich exchange of best practices in resilience and overcoming tragedy.

We are so proud of our bilingual PEACE BUDDIES, who teamed up with TUFS youth facilitators to encourage conversation among participants during breakout sessions.

In the wake of this fantastic program, we hope that we can continue to connect Hiroshima‘s peacemakers and the atomic bomb survivors with youth from around the world with our online programs.

Translate »