MEMBER

スティーブン・リーパー|代表理事
Steven Leeper

1947年生まれ。アメリカ合衆国ジョージア州アトランタ出身。人生の約半分を日本ですごし、家庭カウンセラー、経営コンサルタント、翻訳家、平和活動家としてのキャリアをもつ。翻訳家としては世界中で数多くの被爆者証言の翻訳と編集をし、その通訳を行ってきた。2002年より平和市長会議ニューヨーク連絡員を経て、2007年から2013年まで広島平和記念資料館などの運営を行う公益財団法人 広島平和文化センターで理事長を務める。任期中には全米での原爆展も開催。2014年より甲奴町の古民家を拠点にピースカルチャービレッジを開始。アメリカと日本を行き来しながら、平和に関する講演を各地で行う。

著書:『ヒロシマ発 恒久平和論 Hiroshima Resolution 増補改訂版』(日英)、『日本が世界を救う――核をなくすベストシナリオ』(日)、『アメリカ人が伝えるヒロシマ』(日)

メアリー・ポピオ|英語教育プログラム、PR
Mary Popeo

1992年生まれ。アメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストン出身。ピースカルチャービレッジに来る前は、ハーバード大学の国際関係学行政修士プログラムの補佐と昭和女子大学ボストンキャンパスの寮生アシスタントとして勤務。同時に核兵器廃絶に向けた活動にも数多く参加し、広島や長崎にも訪れ平和関連のイベントにも従事。その活動中に当法人代表スティーブン・リーパーに出会い、2016年10月よりピースカルチャービレッジに参画。主に英語教育プログラムとPRを担当する。